リハビリテーション医学講座へようこそ

第58回日本リハビリテーション医学会学術集会のお知らせ

 
第58回日本リハビリテーション医学会学術集会のお知らせ 2021年6月10日~13日

片手及び頚髄損傷者の手洗い・消毒動作

 

和医大式ホームエクササイズ

 

急性期リハビリテーション医療の動画

 


障害を克服し、機能を回復し、活動を育むのがリハビリテーション医療です。多くの診療科が臓器や器官を専門とするのに対し、リハビリテーション科の治療の対象は障害、機能、活動です。したがって、疾病や障害を持つ方すべてが対象となり、リハビリテーション科医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は幅広い知識と技術が必要となります。さらに、障害そのものから起こる特殊な病態もあり、疾病だけを診るのではなく、「全身を診る」Whole Bodyの観点から正確な理学的所見に基づき、診断します。最良の医学的管理で、可能な限りの高負荷・長時間のリハビリテーションを提供します。プロフェッショナルとして、医学的知識と技術的に習熟した医師と療法士による早期からの高負荷・長時間の積極的リハビリテーションをプロリハ(Physiatrist and Registered therapist Operating Rehabilitation, PROr)と命名し、これを実践します。

臨床・教育・研究の最新情報


主な活動

臨床面
1.和医大附属病院での医療
2.同紀北分院での中央診療
3.同サテライト診療所本町での外来診療
4.那智勝浦町立温泉病院での入院外来診療
教育面
1.和医大医学部医学科学部生教育
2.同大学院修士課程での教育
3.同大学院博士課程での教育
4.研修医教育と専門医養成
5.コメディカル教育
6.アスリート養成と医科学的サポート
研究面
1.環境・運動生理学
2.スポーツ医科学
3.自律神経・内分泌調節
4.サイトカイン
5.再生医学のリハ

 

第32回日本末梢神経学会学術集会現地開催御礼

全国各地で、新型コロナウイルス感染症に対応しながら治療にあたられている先生方にお礼申し上げます。

この度は、本学術集会の現地開催の運営に格別のご支援をいただき、誠にありがとうございました。

9月21日(火)正午〜10月20日(水)正午までオンデマンド配信を行います。

ぜひご視聴いただけましたら幸いです。

皆様のご健勝と益々のご発展を祈念いたします。

 

第32回日本末梢神経学会学術集会 会長

(和歌山県立医科大学リハビリテーション医学講座)

田島 文博

第32回日本末梢神経学会学術集会HP

https://www.congre.co.jp/32jpns2021/index.html

送別セレモニーを行いました

2021年6月22日(火)

吉川先生、村井先生、崎下先生の送別セレモニーを行いました。

先生方、今までお世話になりありがとうございました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

第58回日本リハビリテーション医学会学術集会 開催御礼

新型コロナウイルス感染症禍で、診療、教育、研究にあたられている皆様に感謝申し上げます。

この度は、本学術集会の現地開催の運営に格別のご支援をいただき、誠にありがとうございました。おかげさまで現時点で約5000名のご登録をいただき、現地参加者がのべ1800名となりました。これも、皆様の御協力のおかげです。

7月30日(金)まではオンデマンド開催が続きますので、ご視聴いただけましたら幸いです。

皆様のご健勝と益々のご発展を祈念いたします。

 

第58回日本リハビリテーション医学会学術集会 会長

(和歌山県立医科大学リハビリテーション医学講座)

田島 文博

 

第58回日本リハビリテーション医学会学術集会 HP

https://www.congre.co.jp/58jarm2021/

 

 

 

第58回日本リハビリテーション医学会学術集会開催中

第58回日本リハビリテーション医学会学術集会

公式HP:https://www.congre.co.jp/58jarm2021/

 

6月10日(木)~12日(土)

現地開催+Web開催(第1~3会場の講演および一部の共催セミナー・プログラムをライブ配信)
6月13日(日)

現地(第1会場のみ)+Web開催(第1会場の講演および一部の共催セミナー・プログラムをライブ配信)
6月14日(月)~7月30日(金)

オンデマンド配信(順次)

 会期中(6月9日~13日)のお問い合わせ先 
 電話:075-705-2001 
E-mail:58jarm2021@congre.co.jp

 

 

第48回 日本リハビリテーション医学会 近畿地方会学術集会を開催いたしました

会   長 : 三上 幸夫(和歌山県立医科大学 リハビリテーション医学講座)

日   時 : 令和3年3月28日 (日)

会   場 : 宝塚医療大学 和歌山保健医療学部 、Web

 

 

◆ 大会長挨拶                         (12:30~12:40)

◆ 一般演題発表  セッションⅠ           (第1会場)(12:40~13:40)

◆ 一般演題発表  セッションⅡ           (第1会場)(13:50~14:40)

◆ 一般演題発表  セッションⅢ          (第2会場)(12:40~13:20)

◆ 関連専門職演題 セッションⅠ          (第2会場)(13:30~14:05)

◆ 関連専門職演題 セッションⅡ          (第2会場)(14:05~14:40)

◆ 教育講演1                         (14:50~15:50)

『AI、IoTによりリハビリテーション医療はどう変わっていくか』

  広島大学病院 リハビリテーション科 教授 木村 浩彰 先生

◆ 教育講演2                         (16:00~17:00)

『これからのリハビリテーション医学・医療:超高齢・重複障害社会にどう対応するか』

東北大学大学院医学系研究科 内部障害学分野 教授 上月 正博 先生

◆ 教育講演3                           (17:00~18:00)

『2021年度介護報酬改定におけるリハビリテーションのトピックについて』

厚生労働省 老健局老人保健課 課長補佐 長江 翔平 先生

◆ 閉会挨拶および次回会長挨拶                    (18:00~)

閉会挨拶 田島 文博(和歌山県立医科大学 リハビリテーション医学講座)