リハビリテーション医学講座へようこそ

平成30年度 医局説明会

急性期リハビリテーション医療の動画


障害を克服し、機能を回復し、活動を育むのがリハビリテーション医療です。多くの診療科が臓器や器官を専門とするのに対し、リハビリテーション科の治療の対象は障害、機能、活動です。したがって、疾病や障害を持つ方すべてが対象となり、リハビリテーション科医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は幅広い知識と技術が必要となります。さらに、障害そのものから起こる特殊な病態もあり、疾病だけを診るのではなく、「全身を診る」Whole Bodyの観点から正確な理学的所見に基づき、診断します。最良の医学的管理で、可能な限りの高負荷・長時間のリハビリテーションを提供します。プロフェッショナルとして、医学的知識と技術的に習熟した医師と療法士による早期からの高負荷・長時間の積極的リハビリテーションをプロリハ(Physiatrist and Registered therapist Operating Rehabilitation, PROr)と命名し、これを実践します。

臨床・教育・研究の最新情報


主な活動

臨床面
1.和医大附属病院での医療
2.同紀北分院での中央診療
3.同サテライト診療所本町での外来診療
4.那智勝浦町立温泉病院での入院外来診療
教育面
1.和医大医学部医学科学部生教育
2.同大学院修士課程での教育
3.同大学院博士課程での教育
4.研修医教育と専門医養成
5.コメディカル教育
6.アスリート養成と医科学的サポート
研究面
1.環境・運動生理学
2.スポーツ医科学
3.自律神経・内分泌調節
4.サイトカイン
5.再生医学のリハ

 

リハビリテーション科 大学院研究検討会を開催致しました

リハビリテーション科 大学院研究検討会

日時: 2018年10月26日(金) 18:30~19:30
場所: 和歌山県立医科大学 病院棟3階 臨床講堂II

内容:
① 修士学生2年目 進捗状況
② 修士学生1年目 進捗状況 テーマなど
③ 博士課程 進捗状況報告

和歌山県立医科大学・リハビリテーション医学における研究へのご協力のお願い

第2回せき損勉強会 in 和歌山を開催致しました

2回せき損勉強会 in 和歌山

日時:平成30年10月2日(火) 18時30分~

会場:和歌山県立医科大学 図書館棟3階 研修室

 

開会の辞

NPO法人 日本せきずい基金 理事長

大濱 眞先生

特別企画 (18時35分~19時35分)

~脊損者の排便管理を考える~

座長 和歌山県立医科大学リハビリテーション医学講座 講師

幸田 剣先生

「脊髄損傷者の排便管理(経肛門的洗腸療法の経験を含めて)」

演者 恵友病院 泌尿器科

小川 隆敏先生

「脊髄損傷者の排便管理(看護師の視点で病院から在宅まで)」

演者 和歌山県立医科大学附属病院 看護師長

西山 涼子先生

 

特別講演 (19時45分~20時30分)

座長 和歌山県立医科大学整形外科学講座 教授

山田 宏先生

「脊髄損傷者の医療経済(保険診療)の問題と再生医療について」

演者 和歌山県立医科大学リハビリテーション医学講座 教授

田島 文博先生

 

閉会の辞

和歌山県立医科大学リハビリテーション医学講座 教授

田島 文博先生

 

障害者スポーツ医科学研究拠点 国際シンポジウム in 和歌山 2018 〜2020東京への取組を契機とした「知」のレガシーの創造〜 を開催致しました

障害者スポーツ医科学研究拠点 国際シンポジウム in 和歌山 2018

〜2020東京への取組を契機とした「知」のレガシーの創造〜

日時

9月22日(土)13:00〜16:00 (受付 12:00〜)

9月23日(日)8:30〜15:10 (受付 8:00〜)

場所

和歌山県立わかやま館 大会議室&サロン

 

懇親会

日時

9月22日(土)18:00〜20:00

場所

マリーナシティホテルプールサイド

 

9月22日(土)

Date & Time Themes Speakers Moderators Duration
13:00-13:30 Symposium Statements Robert Allison (Vice-Chancellor, Loughborough University)   10
Kazuhisa Miyashita (President, Wakayama Medical University)
Vicky Goosey-Tolfrey (Loughborough University)  10
Fumihiro Tajima (Wakayama Medical   University) 10
13:30-14:40    Injury
傷害
Riemer Vegter (University of Groningen) Masami
Akai
30
 Wheelchair Sports & Shoulder Injuries (車いすスポーツと肩傷害)
Masaki Ishikawa (Osaka University of Health and Sport Sciences) et al. 20
 Neuromuscular modulation and musculoskelton specifics for sport athletes
   (競技アスリートにおける神経-筋機能の調整機序と筋骨格系の特異性について)
Hiroaki Kimura (Hiroshima University Hospital) 20
 Injury treatment and rehabilitaion (傷害の治療とリハビリテーション)
14:40-14:50 Break  
14:50-16:00  Thermoregulation
体温調節
Mike Price (Coventry University) Yoshi-ichiro
Kamijo
30
Thermoregulation Following Spinal Cord Injury: An Overview
(脊髄損傷後の体温調節: 概要)
 Yukio Mikami (Hiroshima University Hospital) et al. 20
Thermoregulatory responses in lower limb amputees during exercise in different temperature environments – compared to healthy persons – (異なる温度環境における切断者下肢の運動時体温調節反応 -健常者との比較-)
Kazunobu Okazaki (Osaka City University) 20
Improvement of thermoregulation under the heat for the seniors
   (高齢者の暑熱環境下における体温調節能の改善)
18:00-20:00 Reception  

 

9月23日(日)

Date & Time Themes Speakers Moderators Duration
08:30-09:40  Cardiovascular Diseases & Exercise
心血管疾患と運動
Maureen MacDonald (Dean of Science, McMaster University) Hideyuki
Sasaki
30
 Cardiovascular Outcomes with Exercise Training in Individuals with Spinal Cord injury
   (脊髄損傷者の運動トレーニングによる心血管評価項目)
Takeshi Nishiyasu (University of Tsukuba) et al. 20
 Effects of pre-exercise voluntary hyperventilation on physiological responses during and following supramaximal exercise  (運動前自発的過換気が高強度運動及び回復時の生理反応に与える影響)
Shigeru Makita (Saitama Medical University) 20
 High Intensity Interval Training in Patients with Coronary Heart Disease
   (冠動脈疾患患者における高強度インターバルトレーニング)
09:40-09:50 Break  
09:50-11:00 Immune System
免疫システム
Christof Leicht (Loughborough University) Takeshi
Nakamura
30
Hot Baths: An Effective Supplement to Exercise in Disability?
(温水浴: 脊髄損傷者に対する効果的なサプリメント?)
Sven Hoekstra (Loughborough University) 20
 The Acute and Chronic Effects of Hot Water Immersion on Inflammation and Metabolism
– A Pilot Study Towards its Use in Disabled Individuals
(温水浴が炎症や代謝に与える急性・慢性効果 -障がい者へ適応させるための予備的研究)
Kazunari Furusawa (Kibikogen Rehabilitation Center for Employment Injuries) et al. 20
 NK cell responses to acute exercise in persons with spinal cord injury
(脊髄損傷者における運動後のNK細胞の反応)
11:00-11:30 Exercise & Health for Spinal Cord Injury
脊髄損傷者のための
運動と健康
Jan van der Scheer (Loughborough University)
Evidence-Based Guidelines: Exercise and Health for Spinal Cord Injury
(脊髄損傷者のための事実に基づく運動及び健康ガイドライン)
Vicky
Goosey-Tolfrey
30
11:30-13:00 Poster Presentation & Lunch  
Kyoten Symposium, Wakayama Prefectural House
12:30-13:00 Poster Presentations of Kyoten Projects for 2017
平成29年度拠点共同研究課題ポスター
発表
Satoru Tanabe (Osaka Sangyo University) Yoshi-ichiro
Kamijo
8
  Changes in translational and rotational velocities during field testing and ball pursuit and hitting in wheelchair tennis player (車いすテニス選手のラリー中およびフィールドテスト中における並進速度および回転速度の変化について)
Kyungsu Jung (Wakayama Medical University) 8
 Evaluating Legacy to Developing Sport Policy in the Medical and Health Aspects
(医療・健康面におけるレガシーからスポーツ政策まで)
Koji Fukuda (University of Hyogo) 8
 A study on use of effective carbon fiber blade of the unilateral artificial leg sprinters in para athletics
(パラ陸上競技における片脚義足短距離選手の効果的なカーボン板バネ利用に関する研究)
Koki Fukuhara (Hiroshima University) 8
 Thermoregulatory responses during wheelchair running in athletes with lower limb amputation in warm environment (暑熱環境下の下肢切断者車いす走行時の体温調節機構~体温管理システム構築のために~)
13:00-13:10 Break  
13:10-14:00 Physical Therapy: Crosslink between Basic Research & Clinics
脊髄損傷者における温熱療法の基礎から臨床まで
Yoshi-ichiro Kamijo (Wakayama Medical University) et al. Ken
Kouda
15
 Relationships between time since injury and thermoregulatory responses during heat stress in spinal cord injury
(脊髄損傷者における暑熱負荷時の体温調節反応と受傷年数との関係)
Manabu Shibasaki (Nara Womens’ University) 15
 Peripheral mechanisms of cutaneous vasoconstriction: a microdialysis study in cervical spinal cord injured individuals (皮膚血管収縮の末梢メカニズム: 頚髄損傷者におけるマイクロダイヤリイシス研究)
Yasunori Umemoto (Wakayama Medical University) et al. 15
 The acute effects of Heat stress on interleukin-6 and BDNF in Able-bodied person and Spinal cord injury patient
(脊髄損傷者と健常者における暑熱負荷がインターロイキン-6と脳由来神経栄養因子の血中濃度に与える急性効果)
Discussion 5
14:00-14:10 Break  
14:10-15:00 Efforts of Sports Medical Sciences for Persons with Impairments in Japan
日本における障がい者スポーツへの取り組み
Toshihito Mitsui (Nihon Fukushi University) Tetsuo
Suyama
7
 How fast, how fun to run? (いかに速く、いかに楽しく走るか?)  
Tatsuru Ibusuki (Wakayama Medical University) et al. 7
 Should the classification system be developed in the Japanese Paralympic Movement?
(パラリンピック・クラシフィケーションシステムは我が国のパラリンピック・ムーブメントの中で発展させるべきか?)
 
Tomoyuki Ito (Kyoto Prefectural University of Medicine) 7
 Anti-doping in Para-Sports (パラスポーツにおけるアンチドーピング)  
Yukihide Nishimura (Iwate Medical University) 7
 Medical check of shoulder and elbow joints for wheelchair para-athlete (車いす選手における肩肘検診)  
Takashi Kawasaki (Kyoto Prefectural University of Medicine) & Fumihiro Tajima (Wakayama Medical University) 7
 The medical check for para-athletes in Japan    
(日本の障がい者アスリートに対するメディカルチェックについて)
 
Discussion 15
15:00-15:10 Closing Remarks Vicky Goosey-Tolfrey (Loughborough University)    5
Fumihiro Tajima (Wakayama Medical University) 5
         

 

 

  

サテライト・シンポジウムを開催致しました

サテライト•シンポジウム開催

障害者スポーツ医科学研究拠点 国際シンポジウム in 和歌山 2018

〜2020東京への取組を契機とした「知」のレガシーの創造〜

現場に“生きる”基礎研究

日時 2018年9月21日(金)18:30〜19:30

場所 和歌山県立医科大学臨床講堂Ⅱ

講演1 暑熱環境下における認知機能

演者 教授 芝崎 学 先生 (奈良女子大学生活健康学部心身健康学科)

 

講演2 暑熱と低酸素環境を用いた持久力向上の可能性

演者 教授 岡崎 和伸 先生 (大阪市立大学都市健康•スポーツ研究センター)

 

講演3 From exercise research to practice guidelines in spinal cord injury

演者     Dr. Jan van der Scheer  Ph.D.   ( 1. University of British Columbia, Canada)

                                                        ( 2. The Peter Harrison Centre for Disability Sport, Loughborough University)